「アフィリエイト広告を利用しています」

RPGツクール MVで名前入力の処理で名前を変数に入れる方法を解説!

RPGツクール MV

RPGツクールMVには名前入力イベントが用意されている?

今更ですが、ただいま製作中のゲームで、初めてプレイヤーに名前を入力してもらうイベントを組みました。

ただ、その後のストーリー展開の都合上、名前が変数に入れられないと不便に感じたので、今回スクリプトを使って実装してみました。

ということで、今回は備忘録の意味もかねて、名前入力の処理で名前を変数に入れる方法などご紹介します!

名前入力の処理イベントとは?

まず、名前入力の処理イベントは、イベントの3ページ目にあります。

ここで名前入力の処理のイベントを組むと、実行時にこんな画面が表示されます。

ここでプレイヤーに名前を入力してもらうと、ゲーム内でこの名前で呼ばれるようになるんですね。

たとえば、こんな感じに名前を呼んでもらえます。

これは変数に入れたので表示されていますが、先ほど入力した名前が表示されています。

では、どうやって変数に入れるかですが、こんな感じにスクリプトを入れてみてください。

まず、名前入力の処理とあり、アクター1番の名前を入力させるイベントを起こします。

その後、変数の操作で(今回はヒロインの幼少期という変数を1番に入れています)、代入先に以下のようなスクリプトを入れます。

$gameActors.actor(1).name()

こんな感じですね。
説明の必要はないかもしれませんが、Actor1番(今回はヒロイン)の名前を変数に代入しています。

実際に変数が名前にも反映されているのかを見ていきましょう!

ちゃんと、先ほどの名前がメッセージウィンドウに表示されています。

ネームウィンドウでも、こんな感じに先ほど入力された名前が入りました。

このように文章を表示すれば…

こんな感じに、名前が入力されます。

ちなみに、ネームウィンドウはYEP_Message_Coreという準公式プラグインを使った例です。

YEP_Message_Coreのプラグインでは、ネームウィンドウの表示に、/n[ ]と表示しても、ウィンドウにならないので、名前を変数に入れて表示する方法を取っています。

スクリプトを利用すれば変数代入も簡単!

ということで、少し長くなりましたが、RPGツクールMVで、名前入力の処理イベントで入力された名前を、変数に代入する方法をご紹介してみました。

今更ではありますが、記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

「アフィリエイト広告を利用しています」

Count per Day

  • 2506現在の記事:
  • 587032総閲覧数:
  • 323今日の閲覧数:
  • 507昨日の閲覧数:
  • 224今日の訪問者数:
  • 327昨日の訪問者数:
  • 326一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2018年10月13日カウント開始日:
TOP