「アフィリエイト広告を利用しています」

ツクールMVでワープ(テレポート)するイベントを作るには?

RPGツクール MV

ツクールMVでワープ(テレポート)させたい!

RPGツクールMVでゲームを作る際に、マップが広い場合や回復したくて町に戻りたい!などの場合は、ワープ(テレポート)機能があると大変便利ですよね。

実はこのワープ(テレポート)イベントはプラグインなしで、デフォルトの機能を使って実現が可能なんです。

ということで、今回はRPGツクールMVで、ワープ(テレポート)ができるイベントの作り方をご紹介します。

ドラ●エのルーラみたいなスキルを作る方法として、ぜひ参考にしてみてください。

①スイッチを定義

まず、ドラ●エのルーラをイメージするとしたら、ワープ(テレポート)が可能な場所であるかの判定(画像のスイッチ1番)と、それぞれの町に到達したというスイッチを別途用意する必要があります。

たとえば、こんな感じに作ってみました。

最初のスイッチ1番で、こちらのスイッチがONの場合は、ワープが可能で、OFFの場合はワープできないというイベントに使います。

11番から16番までのスイッチは、実際に到達したマップでスイッチをONにすることで、まだ行ったことがない場所へのワープ(テレポート)ができないようにします。

出来たら、次に「アイテム選択の処理」で表示するためのアイテムを作成します。

理由は、アイテム選択の処理から、任意の隠しアイテムAを選び、マップ移動できるようにするためです。

②隠しアイテムで移動できる場所を選択させる

ワープ(テレポートイベント)では、隠しアイテムAにマップ名を入れて、アイテム選択の処理イベントで、行き先を選びます。

今回は、暫定的に6か所の場所に飛べるように、アイテムを作ってみました。

ちなみに、このときのアイテムは、以下に注意してみてください。

  • アイテムタイプは、隠しアイテムAを選ぶ(通常アイテムとして表示されないようにする)
  • 範囲は、なしに設定。
  • 価格は0円のまま。
  • 消耗は、しないを選択する。
  • 使用可能時:使用不可に設定。

    アニメーションなどは特に必要ないので、デフォルトのままでOKです。

    ここまで出来たら、コモンイベントの作成に移ります。

    ③スキルを使用した時に開くコモンイベントを作る

    次に、ワープ(テレポート)のスキルを使用した時に、開くコモンイベントを作ります。

    まず、テレポート可能な場所にいるかどうかを判断するために、スイッチの「ルーラOK」をOFFにした条件分岐イベントを作り、文章でテレポートできない旨を書きます。

    その後、イベント処理の中断で一旦ストップさせます。

    次に、先ほど作ったスイッチがONになったとき(該当のマップに到達した時など)に、隠しアイテムが手に入ることで、この後に続くアイテム選択処理で移動場所を選べるようにします。

    ④アイテム選択処理に必要な変数を用意する

    ワープ(テレポート)のスキルで、移動先を選択肢に表示させるには、アイテム選択処理のイベントを使うので、選択肢用の変数を用意する必要があります。

    どこにでもいいので、わかりやすい名前を付けて、テレポート専用の変数を作成してください。

    ⑤アイテム選択処理のイベントを設定する

    先ほど作ったコモンイベントの下に、アイテム選択処理のイベントを追記していきます。

    まず、アイテム選択処理のイベントが1P目にあるので、そこから、どのアイテムタイプ(今回は隠しアイテムA)にするかを指定します。

    ここまで出来たら、コモンイベントに追加していきましょう。

    アイテム選択の処理で、テレポート先を選ばず、キャンセルした場合は、以下のラベル:テレポート完了に移動して終了になります。

    上記のイベントで、マップに入った時点で該当のスイッチがONになるので、ONになると同時に、行き先に指定した隠しアイテムが手に入るので、選択したアイテムによって、場所移動のイベントで行き先を指定するだけのイベントです。

    ちなみに、条件分岐のアイテムの数字(画面では、テレポート先が21や22)は、アイテムのIDの数値なので、ここを間違うとテレポートができないので注意してください。

    最後のラベル:テレポート完了のイベントでは、マップに到達した時点で、どんどん隠しアイテムが増えていかないように、一時的に移動先の隠しアイテムを消去するためのイベントが組んであります。

    ここまでできれば、ほぼ完成なので、最後にワープ(テレポート)に当たるスキルを作っていきましょう。

    ⑥スキルを作って完了

    最後に、今回ワープするためのスキルを作るので、専用のスキルを作り、使用効果の部分(画面右の中央)のところで、その他のタブから、先ほど作ったコモンイベントを指定します。

    今回は、魔法でワープするので、こんな感じに指定してみました。

    範囲は「なし」で、使用可能時は「メニュー画面」にしておくのがおすすめです。

    もし、MPが足りない時でもワープの魔法が使えるようにしたいなら、消費MPは0にしておいてください。

    これで、ワープ(テレポート)のスキルの作成は終わりです。

    どんな感じに動作するのかなど、最後に動画でご紹介しますね。

    ということで、今更ではありますが、RPGツクール MVでワープ(テレポート)できるスキルの作り方をご紹介してみました。

    今回はスキルで作りましたが、テレポートアイテムを作るなどで変更もできますので、基本だけ押さえて自由に作ってみてください。

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    CAPTCHA


    「アフィリエイト広告を利用しています」

    Count per Day

    • 1004現在の記事:
    • 557918総閲覧数:
    • 104今日の閲覧数:
    • 514昨日の閲覧数:
    • 81今日の訪問者数:
    • 366昨日の訪問者数:
    • 346一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2018年10月13日カウント開始日:
    TOP