「アフィリエイト広告を利用しています」

RPGツクール MVでランダム会話イベントを作る方法!乱数で簡単処理?

RPGツクール MV

ページをまたがらなくてもランダム会話は可能?

RPGツクール MVでイベントを作る際に、町の住人などと会話をするとき、ランダムで会話を楽しみたいという時があると思います。

一応公式ページに載っている方法では、セルフイベントを使って、二度目に話しかけた時の会話を変えるのは可能なんですが、同じ人に話しかけたときに、ランダムで会話をするには、変数と条件分岐を使えば簡単にできます。

今回は、ランダムで会話をできるイベントの作り方をご紹介します!

まずマップ上に会話したい人物のイベントを作る

まず、マップ上でランダム会話をしたい人を作る必要があるので、マップ上でダブルクリックをしてイベントを開きましょう。

試しに、こんな感じにイベントを組んでみました。

普通に話しかけるとできるイベントなので、詳しくは割愛しますが、このページだけでランダム会話イベントを作っていきます。

変数を用意する

次に、ランダム会話に使う変数を作っていきましょう。

変数の番号は何でもいいので、わかりやすいように今回はランダム会話としてみます。

次にイベントコマンドの「変数の操作」を選び、先ほどの変数を指定して、オペランドを「乱数」に設定します。

ここでは、0~4までの5種類の会話がランダムで表示されるようにしました。

乱数の値を増やせば増やすほど、ランダムで会話が表示されます。

条件分岐でランダム会話を実装

ここまで出来たら、今度はイベントコマンドの「条件分岐」から以下のようにイベントを組みます。

条件分岐で変数を0に指定します。

これで、変数が0の時に、表示したいメッセージを文章として入力すればOKです。

同様に、変数を乱数の分だけ用意し、それぞれの分岐の中で、会話を文章で入力しましょう。

これで、話しかける度に、0~4(5個のランダム)の数の分だけ、ランダムに会話ができるようになります。

1Pで済むので、ぜひ取り入れてみてください。

ちなみに、実際にこのイベントで、住人に話しかけた時を見ていきましょう。

最初に話しかけたときには、このように表示されます。

これで会話が終ったので、再び同じ人物に話しかけてみましょう。

今度はこんな風に会話が表示されればOKです。

ちなみに、最初に作ったランダム変数は、ほかの住人の時にも使い回しが効くので、住人ごとにランダム変数を作る必要はありません。

本来の使い方とは違うかもしれないですが、私はいつもこのパターンでランダム会話を実装しています。

ぜひ、乱数を利用して、ランダム会話を簡単に実装してみてくださいね。^^

乱数を利用すれば1Pで済む?

それでは、RPGツクールMVで、ランダム会話の実装方法などご紹介してみました。

変数の乱数を利用すれば、かなりのランダム会話が楽しめるので、ぜひ取り入れてみてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


「アフィリエイト広告を利用しています」

Count per Day

  • 2758現在の記事:
  • 557925総閲覧数:
  • 111今日の閲覧数:
  • 514昨日の閲覧数:
  • 86今日の訪問者数:
  • 366昨日の訪問者数:
  • 346一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年10月13日カウント開始日:
TOP