「アフィリエイト広告を利用しています」

Advanced Adsプラグインを使えば、自由に広告が配置できる?簡単な使い方を解説!

ワードプレス

Advanced Adsプラグインが便利!

最近エラーが起きたこともあり、アドセンスなどの広告を載せるプラグインをAdvanced Adsに変更しました。

すると、なかなかに使い勝手がよく、自動で広告を入れる場所を任意に変更できることがわかったんですね。

以前のプラグインでは、見出し2の前とか、設定ができなかったんですが、Advanced Adsなら簡単!

ということで、今回はAdvanced Adsプラグインで、見出し2の前に広告を設置する方法をご紹介します!^^

見出し2の上など細かく設定できる?!

さて、実際に見出し2の上に広告を表示した画像をご紹介しますね。

こんな感じに見出し2の前に広告を表示できました。

ほかのプラグインだと、記事内の好きな場所に広告を貼れないので、Advanced Adsプラグインは本当に便利だと思います。

どうやって設定すればいいのかなど、以下にご紹介しますね。

Advanced Adsプラグインで広告を設定

アドセンスのコードがすでに取得できているとの条件で、解説を始めます。

まずは、Advanced Adsプラグインのプラグインを導入し、有効化したら、ダッシュボードにAdvanced Adsが表示されてると思います。

そうしたら、広告をクリックしましょう。

すると、広告タイプとでるので、「プレーンテキストとコード」を選択します。

次へをクリックしましょう。

広告パラメーターのところに、広告のコードを貼り付けます。
ちなみに、アドセンス以外の広告でもOKです。

貼り付けたら、また、次へをクリックしてください。

説明が日本語ではないんですが、わからなければデフォルトでいいので、保存をクリックします。

すると、記事を公開してもよろしいですか?とでるので、OKをクリックしてください。

次に、どこに広告を表示したいですか?とでるので、コンテンツを選択します。

すると、どの段落の後?とでます。

ここでの意味は…

  • 2つ目の見出し2の前に入れたい場合:2
  • 3つ目の見出し2の前に入れたい場合:3
  • 4つ目の見出し2の前に入れたい場合:4

となっていて、上から何個目の見出しに広告を入れるのかを聞いています。

その後変更もできるので、今回は2と入れてOKをクリックします。

すると、おめでとうございます。広告がフロントエンドに表示されるようになりました。
とメッセージがでるので、ここでは配置オプションを調整をクリックします。

今回は、2つ目の見出し2の前に広告を入れたいので、画像のように設置しました。

もちろん、見出し3の前とか見出し4の前とか見出しの後に入れるなども可能なので、ご自分で調節してみてください。

設定したら、保存をクリックして完了です。

もう一度設定が終わったページを確認してみると…

こんな感じに表示できました。

目次の前とか後ろなどの設定はできないかもしれませんが、記事内に広告を入れたいとき、文字の行内に広告が入るのは避けたいですよね。

せっかくの記事が切れてしまいますから…(-_-;)

なので、こちらのプラグインを使えば、記事内の見出し2の前、もしくは見出し3の前などが可能なので、最適の場所に広告が貼れるようになります。

今回はグーグルアドセンス以外の広告を、記事内に入れたくて頑張ってみました。

ぜひ、Advanced Adsのプラグインを使って、好きな場所に広告を貼ってみてください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


「アフィリエイト広告を利用しています」

Count per Day

  • 57現在の記事:
  • 573529総閲覧数:
  • 170今日の閲覧数:
  • 419昨日の閲覧数:
  • 131今日の訪問者数:
  • 307昨日の訪問者数:
  • 361一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年10月13日カウント開始日:
TOP