「アフィリエイト広告を利用しています」

キラカードをフォトショで作る方法!実際の作成例もご紹介!

テクニック

ビックリマンみたいなキラカードが作りたい!

先日「ファルティアの雑貨店」というシェアゲームがリリースされました。
今作っているシェアウェアで、ビックリマンみたいなキラカードが作りたい!
そんな欲求に駆られ、ちょっとPHOTOSHOPで作ってみました。

割と簡単に作れるので、備忘録の意味でも残しておきたいと思います。

①フォトショのパターンをまず作る

キラカードを作るなら、まず大元のパターンを作ります。
画面左上のファイル→新規を選び、サイズを100×100ピクセル、解像度は72、背景のカンバスカラーは透明でOKです。

パターンを作りやすいように、ガイドを引きます。
100ピクセルで作ったので、横と縦に当分割(50ピクセル)でガイドを引きましょう!

次に、グラデーションの円錐形グラデーションを選択したら、白(#FFFFFF)と灰色の(#929292)の2色で縞模様になるように、色を配置します。

円錐形グラデーションは、中央の赤枠を選択します。

色の位置が等間隔になるように、配置しましょう。
注意点として、最初と最後の色は白になるようにしないと、綺麗なパターンが出来ません。

中央から右の端まで、ググっと線を引くようにすると良いです。

グラデーションを塗ると、こんな感じになります。

もしグラデーションが上手くいかない!と言う方は、上記画像をコピーして使ってもOKです。

出来たら、パターンを定義しましょう。
画面左上メニューの編集→パターンの定義を選びます。

パターン名は何でも好きなものにしてください。
すると、今度からキラキラのパターンを選べるようになります。

再び、ファイル→新規作成で、ちょっと大きめの画面を作ります。
ここでは、例として700×700ピクセルの画面を作りました。

そうしたら、左上メニューの編集→塗りつぶしから、先ほど作ったパターンを選択します。

こんな感じにキラキラで覆われました。
これで大体終わりなのですが、ビックリマンみたいなキラカードにするなら、少し色を付けるようにすると、よりそれっぽくなります。

もしウィンドウでレイヤー画面を出していないなら、出しておいて、レイヤーをダブルクリックします。

すると、レイヤースタイルとなるので、グラデーションオーバーレイにチェックを入れ、虹色のグラデーションを選びましょう。

濃すぎるとダメなので、不透明度を調節します。
例では、不透明度を7%まで下げています。

これで、キラキラ画面が作れたので、これを参考にして自分のカードに作り直すかmこちらのキラキラ画面を切り取って使ってもOKです。

実際に作ってみた例がこちらです。

こんな感じに、カードが作れるようになりました。

RPGツクールMVなどでは、ガチャシステムもあるので、ぜひ、こちらのカードを作ってガチャの内容を充実させてみてください!

ちょっと変則的な作り方かもしれませんが、簡単にビックリマンみたいなキラカードを作る方法を今回ご紹介してみました。

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

「アフィリエイト広告を利用しています」

Count per Day

  • 1813現在の記事:
  • 586326総閲覧数:
  • 124今日の閲覧数:
  • 519昨日の閲覧数:
  • 69今日の訪問者数:
  • 287昨日の訪問者数:
  • 327一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年10月13日カウント開始日:
TOP