「アフィリエイト広告を利用しています」

ワードプレスの導入料金は?入れるべきプラグインも解説!

ワードプレス

ワードプレスは無料では始められない?

ワードプレスに初めて触ったときには、本で独学で始めたのですが、今までDreamWeaverでブログを作るのと違い、すごく便利な機能に感動した覚えがあります。

PHPがわからなくても、最新の情報が一番上に来るのが衝撃的でした。

ただ、ワードプレスもそうですが、ブログはまず月額費用などがかかるので、本格的に始めるのは勇気がいりました。

そこで、今回はワードプレスでこれからブログを始めようという方に向けて、どれくらいの導入料金がかかるのかなどご紹介します!

まずドメイン料金が必要

ワードプレスを始めるには、まずドメインが必要です。

ドメインと言うのは、このブログで言えば、pd-present.moo.jpの部分で、URLを指します。

ドメインも中古と言う方法もあるんですが、最初はロリポップが安いレンタルサーバーと言われていたこともあり、ドメインと連携が取れる「ムームードメイン」を利用しました。

人気のJPドメインなどは年間で6000円ほどかかりますが、最近ではComドメインなどは割と安く手に入ります。

これがないと、レンタルサーバーも借りられないので、まずドメインを手に入れましょう。

ちなみに、ドメインの価格が知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。

ムームードメインの価格一覧ページ

次にレンタルサーバーを借りる

ロリポップレンタルサーバー一覧

レンタルサーバーもさくらやXサーバーなどがあるんですが、値段とスペックなら、個人的にロリポップをおすすめします。

余談ですが、当ブログは最近になってハイスピードの月額550円に変更しました。

アクセスが増えたメインブログに向けてプラン変更しましたが、最初はライトからでもよいと思います。

注意点として、一旦上位のプランに変更すると、下位のプラン(たとえば、ハイスピードからスタンダード)に変更はできないみたいなので気をつけてください。

また、どのプランも10日間のお試しプランがあるので、まずどんな風に記事が書けるのかを確かめて、写真や動画が多くなるなら、ハイスピードプランなどを選ぶのがおすすめです。

テーマは無料でも大丈夫

COCOON テーマ DLページ

テーマは無料と有料がありますが、最初に導入するならおすすめは無料テーマのCOCOONです。

私もメインブログで利用させていただいてますが、アドセンスの審査が受かりやすいとも言われてますし、独自の機能がとても無料とは思えないほどです。

CSSがいじれる方であれば、オリジナルのスキンも利用できるので、初心者にも上級者の方もCOCOONがあれば困ることはないと思います。

もしワードプレスに慣れてきて、SEOなどに注力が大変になったら、TCDテーマを使ってみるなどもおすすめです。

ただ、テーマ自体にお金をかけなくても、問題は記事の内容なので、無料だからダメと言うことはありません。

プラグインも無料でOK!

プラグインも無料でほぼ問題ありません。

ただ、どうしてもこの機能が欲しい!と言うのであれば、慣れてきた頃に有料のプラグインを検討してみてもいいかもしれません。

ちなみに、有料プラグインでも、月額数百円のタイプもあれば、買い切りで5,000円~1万円ほどかかるものもあり、月額だと途中で解約できるのがメリットですが、すぐに情報が更新されるとは限りませんし、無料とあまり機能が変わらないタイプもあるので、ケースバイケースです。

個人で使う分にはドメインとサーバーレンタル料金だけで可能

ということで、個人でブログを作るなら、導入にかかる費用はドメイン料金とレンタルサーバー料金のみで大丈夫です。

企業でページを作るなら、制作会社に依頼する方法がありますが、15万円ほどが目安になるので、どの程度の規模で作るのかも重要になってきます。

ただ、アフィリエイトサイトなどを作る程度なら、無料のテーマとプラグインでも全然問題ありません。

基本的にブログの訪問者は、個人の場合は特にブログのデザインが目当てではなく、記事の内容が問題になってきます。

なので、有料のテーマで格好よくブログを変身させたとしても、アクセスが集まる保証はありません。

それでなくても、月額料金でドメイン代とレンタルサーバーの料金がかかるので、節約できる部分は節約してみてください。

ワードプレスで入れた方がいいプラグインリスト

最後に、ワードプレスで入れた方がいいプラグインを、リスト形式でご紹介します。

  1. Akismet Anti-Spam (アンチスパム):ブログをスパムから守ってくれるプラグイン(最初から入ってるので、設定を済ませて有効化しておきましょう。)
  2. Google XML Sitemaps:SEOに欠かせないサイトマップを自動で作成するプラグイン
  3. Contact Form 7:お問い合わせフォームを作成できるプラグイン(導入すると広告掲載オファーが来やすいと言われています。)
  4. Jetpack:サイトの安全性を高め、高速化し、トラフィックを増やすためのプラグイン
  5. Classic Editor:グーテンベルクはまだ不具合が多いのと、従来のエディタに戻したい場合に使うプラグイン
  6. SiteGuard:セキュリティーを強化してくれるプラグイン
  7. Count Per Day:ウィジェットにアクセスカウンタを表示してくれるプラグイン
  8. AddQuicktag:クイックタグを使うことで、ブログの記事をグラフィカルにしてくれるプラグイン

    ほかにもアドセンス広告を利用する場合に入れた方がいいプラグインもありますが、一般向けではないので、今回は割愛します。

    上記の8つを入れておけば、かなり快適になると思いますし、どれも無料で利用料金がかからないプラグインなので、ぜひ入れてみてください。

    プラグインの入れ過ぎには注意!

    プラグインは便利ですが、入れすぎると動作が重くなる、ページの表示が遅くなる、プラグイン同士が競合を起こしてエラーが出るなどの問題が発生することもあります。

    本当に必要なプラグインだけを入れて、不要なプラグインは入れないようにしてください。

    導入料金は目的によって変わる

    それでは、ワードプレスを始める際の導入にかかる料金や、入れた方がいいプラグインなどご紹介してみました。

    ワードプレスは多少なりともお金がかかるので、インターネット代だけでまずブログをやってみたいという方は、アメーバブログははてなブログなどを利用してみてください。

    ただ、私の経験上、誰でもが利用できるのはメリットなのですが、悪意あるコメントを防げない可能性もあります。

    その点、ワードプレスでは、プラグインでスパムを弾けるので、悪意あるコメントはスパム扱いできるのもメリットです。

    ワードプレスの導入料金はどんな目的でブログを運営したいかでも変わるので、まずどんなブログを運営するのかなど、簡単にマップみたいなのを作ってから始めてみてください。

    記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

    関連記事

    特集記事

    コメント

    この記事へのトラックバックはありません。

    「アフィリエイト広告を利用しています」

    Count per Day

    • 32現在の記事:
    • 586996総閲覧数:
    • 287今日の閲覧数:
    • 507昨日の閲覧数:
    • 197今日の訪問者数:
    • 327昨日の訪問者数:
    • 326一日あたりの訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2018年10月13日カウント開始日:
    TOP