「アフィリエイト広告を利用しています」

RPGツクールMVでカレンダーを実装するプラグイン

RPGツクール MV

カレンダーが実装出来ると…

ゲーム内に簡単にカレンダーが実装出来ると、シュミレーションとか作りやすくなりますよね?

しかもこちらのプラグインの凄い所はアナログの時計にも、対応している所です。

すでにこのカレンダーを実装して、いくつか作ったゲームもありますが、すごくわかりやすいプラグインなので、実装した感じとかご紹介します。

ゲーム内時間の導入プラグイン

さて、それでは、まずどんな感じに実装されるのかをご紹介していきます。

ということでSSを1枚。

こちらアナログ時計も実装した例です。

プラグインのパラメータ内に、短針や長針、時計の画像を指定してやることで、好きなアナログ時計が実装出来るんですね。

時計の画像はPictureフォルダに入れておけば、パラメータ内で指定も楽々です。

アナログ時計を使わないなら、パラメータ内の画像の指定を空欄にすればOKです。

アナログ時計なしのバージョンはこちら。

デフォルトでこの表示が出来ます。

後は変数の設定などこちらもパラメータで指定すれば、夜の間しか動けない場所なども簡単に出来てしまうんですね。

カレンダーの表示位置も、パラメータ内で指定してやればOKです。

例えば、左端ではなく、右端にカレンダーを表示したい場合には、パラメータ内のカレンダー表示X座標の部分で500などと指定してみましょう。

するとデフォルトなら、こんな感じに右端に寄ります。

始まりの年月日も簡単に実装出来るので、大変便利なプラグインです。

またカレンダーの表示に伴い、マップの時間帯、例えば夜の場合はカレンダーの時間帯によって、画面が暗くなったりします。

ダンジョンなどなら、それで良いかも知れませんが、家の中などは暗くならないようにしたいですよね?

そんな時には、マップの編集からメモ欄に<C_Tint:OFF>などとコピペすると、マップの色変更が無視されます。

例えば、こんな感じに、マップのメモ欄に表示してみましょう。

どちらにしても、ヘルプがわかりやすいので、悩む所は少なそうです。

最後になりましたが、プラグインの配布先をご紹介します。

★トリアコンタン様

そして、時計の画像は。こちらからお借りしました。

★ツクマテ様

どちらも無料で使うことが出来ますので、フリーゲームにも使いやすいですね。

プラグインコマンドを使えば、カレンダーの非表示なども簡単に出来ます。

シュミレーションゲームなど使い道も多数ありますので、今回ご紹介させていただきました。

それでは今回はこの辺で。^^

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

「アフィリエイト広告を利用しています」

Count per Day

  • 768現在の記事:
  • 586982総閲覧数:
  • 273今日の閲覧数:
  • 507昨日の閲覧数:
  • 186今日の訪問者数:
  • 327昨日の訪問者数:
  • 326一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2018年10月13日カウント開始日:
TOP