「アフィリエイト広告を利用しています」

RPGツクールMV:変数で●●以上●●以下などの条件分岐をするスクリプト

RPGツクール MV

変数で以上以下の複数条件分岐

久しぶりの更新となりましたが、ゲーム製作も順調で大分出来上がり、残すところ、デバッグのみとなりました。

そこで問題というかどうやったら良いか迷ったのが…

例えば、●●以上●●以下などの条件で分岐させる場合、イベントを使うと入れ子状態?にしないといけないので、わかりにくく複雑になるので、それをスクリプトで何とかできないかと思い…無事出来るようになりましたので、簡単にご紹介します。

今さら感も強いですが、なかなか探してもなかったので、そこそこ需要はあるかな?と思います。

それでは今回は、複数の条件分岐のスクリプト例をご紹介します!

RPGツクールMVで「&&」の条件分岐

それでは、まず採用した画像をと思ったのですが、画面上には反映されたかどうかが、わかりにくいと思いましたので

いきなりスクリプト文から始めたいと思います。

例えば、変数40が0以上50以下の時に条件分岐をさせようと思ったら、こんな感じに、イベントの条件分岐で、スクリプトを選び記述して下さい。

実装例はこちら。

スクリプトも記述しますと

($gameVariables.value(40) >= 0) && ($gameVariables.value(40) <= 50)

こちらを条件分岐のスクリプト(イベント4P目にあります)に記述すると、変数40が0以上50以上の時に、下記のイベントが起こりますという具合に作れます。

私の場合、こちらはクエストの受注件数の制限のために利用しました。

上図のイベントでは、変数40が0以上50以下の時に受注できるクエスト数(変数に入れて)が5個までとなるように作ったものです。

条件分岐で変数を利用しても、同じ動作は出来ますがわかりにくくなるのが不満で、今回&&で繋げられる変数の条件分岐用スクリプトを使ってみました。

需要があるかどうかはわかりませんが、私自身の備忘録として残しておきます。

条件分岐で●●以上●●未満などAND?&&?の条件分岐としてご紹介してみました。

記事が参考になりましたら幸いです。^^

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

「アフィリエイト広告を利用しています」

Count per Day

  • 5238現在の記事:
  • 586326総閲覧数:
  • 124今日の閲覧数:
  • 519昨日の閲覧数:
  • 69今日の訪問者数:
  • 287昨日の訪問者数:
  • 327一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年10月13日カウント開始日:
TOP