「アフィリエイト広告を利用しています」

グーテンベルクに慣れないと逆に大変?第2回:AddQuicktagの使い方

ワードプレス

AddQuicktagと表作成プラグインの競合…

今回は、グーテンベルクに慣れないと逆に大変?シリーズの第二回。

AddQuicktagをグーテンベルクで使う方法をご紹介します。

AddQuicktagと競合を起こすプラグインについて、前回ご紹介しましたが…
もし表作成プラグインがなくても、グーテンベルクには標準装備されています。

つまり、AddQuicktagと表の併用ができるので、表作成プラグインが必要なくなるのは大きなメリットといえます。

ということで、今回は記事装飾に便利なAddQuicktagのグーテンベルクでの使い方をご紹介します。

グーテンベルクでAddQuicktagを使うには?

まず、グーテンベルクでスタイルを適用したい文章を書きましょう。

こんな感じにテスト記事を作ってみました。

こちらプラグインを導入しているのに、スタイルが標準でエディタには表示されません。

ではどうするかといえば…

プラス(+)マークをクリックし、クラシックという項目を選択しましょう。

ちなみに、+マークは画面左上にも同じようにあり、下にスクロールすると、クラシックという項目があります。

実装すると、クラシック時代のエディタと同じメニューが表示されます。

以下の、スタイルの部分がAddQuicktagで使えるメニューです。

実際にどんな項目があるかですが…

こんな感じに、ずらっと出てきます。

画面では、ボックス(アイコン)補足情報を表示させてみました。

AddQuicktagであれば、こんな感じに記事内の装飾が簡単にできるので、おすすめのプラグインです。

グーテンベルクだと、投稿画面にデフォで表示されないので、クラシックの画面にするとやりやすくなると思います。

以前表作成プラグインと競合を起こして、新しいバージョンのワードプレスではAddQuicktagが使えなくなる不具合をご紹介しました。

こちらの記事ですね。

ワードプレスのAddQuicktagプラグインを入れたのに…スタイルが表示されない場合の対処法

TinyMCE Advancedプラグインが原因だったのですが、TinyMCE Advancedプラグインは、表を作成するのが簡単なので常用していました。

ただ、記事の装飾と表のプラグインを同時に使いたかったので、どちらを削るかで悩み、TinyMCE Advancedを削ることにしました。

その点、グーテンベルクであれば、表作成のメニューが標準装備なので削っても問題なしでした。

ただ、TinyMCE Advancedプラグインに比べると、自由度は低いかもしれないので、記事の装飾と表の作成を同時に、かつ簡単に実装したいなら、今のうちにグーテンベルクに慣れておいた方が良いかもしれません。

グーテンベルクが使いづらいからと、私のようにクラシックエディタを使っていた方は、今後クラシックが使えなくなるのも踏まえて、早めにグーテンベルクに慣れておいてくださいね。^^

次回は、グーテンベルクでアフィリリンクを貼る方法です。
具体的には、カスタムHTMLの使い方などをご紹介します。

カスタムHTMLはぜひ覚えておきたい項目ですので、ぜひ、次回もご覧ください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


「アフィリエイト広告を利用しています」

Count per Day

  • 36現在の記事:
  • 573530総閲覧数:
  • 171今日の閲覧数:
  • 419昨日の閲覧数:
  • 132今日の訪問者数:
  • 307昨日の訪問者数:
  • 361一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年10月13日カウント開始日:
TOP