「アフィリエイト広告を利用しています」

ワードプレステーマ「Cocoon」でGoogleアナリティクスを使う方法

ワードプレス

なぜCocoonでアナリティクスのコードが外れるのか…

ずっと以前から思っていたんですが、ワードプレスの無料テーマのCocoonを使っていたら…
なぜか、テーマの更新の度にトラッキングコードが外れるというか、消えてしまっていたんですね。

他のテーマではそうならないのに、なぜだろうと思っていたら…
Cocoonでちゃんとアクセス解析用のトラッキングコードIDを入れる場所があったんですね。

これでテーマをChildにしても、コードが消えることはないと思いますので、同じ悩みがある方もいらっしゃるかと思い、備忘録の意味で残しておきます。

Cocoonとアナリティクスの紐づけ方法

まず、ワードプレスの無料テーマ「Cocoon」のDL先からご紹介!
★Cocoonの公式サイトへ

こちらのページで、親テーマと子テーマをインストール後有効化し、子テーマの方が後に有効化されるようにします。

普通のと言えば語弊があるんですが、Cocoon以外のテーマの時には消えることがなかったように思うんですが…

Cocoonにしてから、グーグルアナリティクスのトラッキングコードをテーマのカスタマイズでHeaderに貼り付けても、テーマの更新の度にデータが消えてしまうという不具合がありました。

もしかしたら親テーマが問題かなと思い、子テーマにしても、一向に改善されない…(-_-;)
と思っていたら、そもそもの登録方法?が違うことがわかりました。

今回はCocoonについてですが、同じようなテーマがもしかしたらあるのかもしれないので、Cocoonとグーグルアナリティクスの紐づけを行う方法をご紹介します。

まず、グーグルアナリティクスに、すでにサイトの登録が終わっていることを前提にお話しします。

Cocoonとアナリティクスの紐づけを行うには、画面左下にある歯車マークの管理を押すと

トラッキング情報に移動します。

モザイクで隠していますが、ここのグローバルサイトタグをコピペするのではなく、トラッキングIDをコピーしておきます。

そうしたら、次にダッシュボードにCocoon設定という項目がありますので、アクセス解析・認証をクリックしましょう。

中ほどにスクロールしておくと、Google Analythics設定とあり、トラッキングIDがあるので、先ほどコピーしたIDをペーストしましょう。

画面の下までスクロールし、変更をまとめて保存をクリックすれば完了です。

たったこれだけだったんですね…(-_-;)
気づくまで時間がかかりましたが、ちゃんとマニュアル読まないとダメですね。

今まで何で子テーマ使ってるのに、アナリティクスのコードが消えるんだろうと不思議に思っていましたが、ようやく解決しました。

今在宅で仕事をしていることもあり、個人サイトはまだクラシックで記事を書いていますが、新しいグーテンベルグにも大分慣れたので、スムーズに移行ができそうです。

慣れるまでは使いづらいと思ってましたが、慣れてしまえば、新エディタって割と書きやすいかなと思います。

話が逸れてしまいましたが、今回はCocoonとアナリティクスの紐づけをご紹介してみました。

記事が参考になりましたら幸いです!^^

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

「アフィリエイト広告を利用しています」

Count per Day

  • 535現在の記事:
  • 587010総閲覧数:
  • 301今日の閲覧数:
  • 507昨日の閲覧数:
  • 208今日の訪問者数:
  • 327昨日の訪問者数:
  • 326一日あたりの訪問者数:
  • 5現在オンライン中の人数:
  • 2018年10月13日カウント開始日:
TOP