「アフィリエイト広告を利用しています」

RPGツクール MVで釣りゲームを実装するプラグイン「Simple Fishing」の使い方!

RPGツクール MV

SUIKA2のコンテストの応募も終わり、今度は釣りゲームでも作ってみようかなと思っているのですが、ツクールMVでデフォルトの機能で作るのは難しい…

そんな時に、探していたら「Simple Fishing」というプラグインを見つけ、商用利用だとお金はかかりますが、フリーゲームでは無料で使えるみたいですね。

今回は「Simple Fishing」の簡単な使い方などご紹介します!

※追記

有料版は18ドル(2700円くらいしました)と高いですし、買ってみたら、プラグインの変更はなく、デフォルトでついてくる画像が増えただけでした。

有料でゲームを販売するなら、有料版が必要ですが、フリーゲームに使う予定なら、有料版は買わない方が良いと思います。

ちなみに、こちらのプラグインの意味をマニュアル化したものがあるので、欲しい方は「問い合わせ」からご連絡ください。

ただ、有料のプラグインの配布などはNGなので、プラグインのリージョンの意味や餌の役割などしか触れていません。

「Simple Fishing 」のDL先

まずは、Simple FishingプラグインのDL先をご紹介します。

Simple Fishing

上記のページにアクセスして、以下の赤枠部分から、Demoをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたら、すぐに使えるようになっているので、どんな風に動作するのかをテストプレイで確かめてみてください。

使い方①Game Eventsの設定

プラグインを導入したら、まず、パラメータをクリックして、該当の場所をチェックしましょう。

ヘルプでも最初に変更するように書かれているのですが、まず、Game Eventsでは、最初からデモ版にコモンイベントが書かれているので、そちらを利用してみても良いと思います。

※DeepLで翻訳を試みましたが、原文がおかしかったので、うまく英訳が出来ず…自分でさらに改変しております。

こちらはデフォルトでも問題ないので、改変する場合は、該当するコモンイベントをいじってみてください。

使い方②Bait Variableの設定

Bait Variableでは、ロッドや餌の変数を改変できます。

使い方③Rodsの設定

Rodsの設定では、複数本のロッドを用意する時には改変が必要です。

Rod IDで値を変更し、イメージはデモ版に同梱されている、Img→pSimpleFishingの中にあるロッドの画像を指定してあげてください。

増やすには、行数1の下にある2をダブルクリックして、構造でカスタマイズしてみてください。

もし、ロッドの変更がないなら、このままデフォルトでもOKです。

使い方④Fishing Regionsの設定

ここが一番使う場所だと思うんですが、マップのリージョンの範囲だけ、釣りが可能なエリアを指定します。

画像の例でいうと、リージョンが70と指定した場合には、Fishesの数値が入り、このエリアなら、アイテム番号10~12の魚が釣れるようになるなどの指定ができます。

ちなみに、アイテム欄には、釣りで得られる魚だとわかるように、以下のようにアイテムのメモ欄に入力してください。

使い方⑤わからない時はヘルプを見よう!

ヘルプを日本語に変換してみたら、以下のようになりました。

わからない時にはヘルプを見てくださいとしか言えませんが、私も全部わかったわけではありません。

スクリプトがわからないので、日本語に直してみましたが、DeepL翻訳などを使って、日本語に変えるのも1つの方法です。

以下の最初から用意されているイベントも、日本語に直すとわかりやすくなりました。

ちなみに、デモ版では、最初にアクター1を動かし、釣りの時にだけ使うアクターが表示されるようになっています。

もし、アクターが複数人いる場合は、改変してみてください。

実際に動かした動画(デフォルト設定)

まずは、実際に動かした動画を見た方が早いと思うので、ほぼデフォルト設定のまま、動かすとこうなります。

位置調整や魚の種類を画像で増やしていけば、機能すると思います。

「Simple Fishing 」は商用しなければ無料で利用可能!

それでは、「Simple Fishing 」の簡単な使い方などご紹介してみました。

詳しい内容はわからなくても、デモ版のままでも動作するので、無料ゲームになどぜひ利用してみてください。

重ねて言うようですが、商用利用するなら、有料版を買う必要があるので注意してください。

記事が参考になりましたら、嬉しいです!^^

※改変しないと使いづらいかもしれませんが、フリゲで、プレイヤーがまったりと一人で釣りをするなどのゲームなら、十分すぎる機能だと思います。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


「アフィリエイト広告を利用しています」

Count per Day

  • 498現在の記事:
  • 557905総閲覧数:
  • 91今日の閲覧数:
  • 514昨日の閲覧数:
  • 71今日の訪問者数:
  • 366昨日の訪問者数:
  • 346一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年10月13日カウント開始日:
TOP