「アフィリエイト広告を利用しています」

JPEGを35%縮小する新エンコーダ「Guetzli」がGoogleから発表!画質同じでサイズ削減?!

画像の圧縮ファイルって沢山あるけど…

JPEGに限らず、画像の圧縮ファイルって、割と沢山ありますよね?

それこそ、無料だったり、有料だったり。

私は趣味でゲーム制作をするので、画像の圧縮ソフトというのは必須なわけですよ。

もっとも、私が使っているのは、PNGの圧縮ソフトですが。

もし、ブログを読んで下さっている方の中に、私が使っているPNGの圧縮ソフトでどんなソフトを使っているのか?ということを知りたい方は、コメント欄からお願いしますね。

さて、脱線しましたが、画質が同じで、ファイルサイズが削減される、画像エンコーダー「Guetzli」がGoogleから発表されました。

質を保ったままで、35%もファイルサイズが小さいJPEG画像を生成出来るのは、嬉しいですよね。

ということで、今回はその画像エンコーダー「Guetzli」について、ご紹介しようと思います。

「Guetzli」って、何?

Googleと圧縮画像といえば、2010年に発表した「WebPフォーマット」を思いだされる方も多いんじゃないでしょうか?

WebPは、ビデオコーデックのVP8を静止画に流用した形式で、やはりJPEG比で最大35%ほどファイル容量を縮小出来るというものでした。

WebPは、JPEGやGIF、PNGまでもを置き換えると意気込んでいたものの、ファイル形式が既存の画像ファイルと異なってしまうので、表示するためのソフトが別途必要で、結局Chrome系ブラウザー以外に正式サポートするウェブブラウザーがなかったんですね。

そこで、現れたのが今回のGuetzliで、ファイル形式ではなくエンコーダーなので、圧縮した画像データはJPEG形式のファイルとして保存され、別途表示するためのソフトとか要らなくなったんですね。

引用させていただくと。

JPEG画像の品質は、色空間変換、離散コサイン変換、量子化といった多段圧縮プロセスと密接に関わっています。Guetzliエンコーダーは量子化の段階で従来なら良質な状態が保てなくなるほど小さなファイルサイズをターゲットとし、従来の心理視覚モデルとGuetzli独自の心理視覚モデルの差を吸収するための検索アルゴリズムを使用することで、画質とファイルサイズのバランスをとっています。

検索するアルゴリズムの関係で、時間はかかってしまいますが、Guetzliを使って作り出した画像は良質な画像になることがわかり、時間がかかる分のメリットはあるとされています。

実際に使ってみたら?

ちなみに、JPEGの圧縮率向上にはMozillaも取り組んでいるみたいなので、Firefoxのブラウザでも使えるのは個人的に嬉しいです。

Mozillaでは、高画質かつ圧縮効率の高いエンコーダー「mozjpeg」も開発されていて、WindowsやMac向けのフロントエンドソフトも作られているらしいので、今後にも期待出来そうですね!

今回のまとめ

とこんな感じで、画像エンコーダー「Guetzli」について、簡単にまとめてみました。

時間がかかるのはさておき、無料で、JPEGの画質を落とさずに、ファイルサイズを小さくするというのは、実はすごいことなんです!

私も以前は、JPEGの画質を落とさずに、ファイルサイズを小さくするソフトを、Vectorなどからダウンロードしたことがありますが、結構思い通りに行かないことも多く、難儀しました。

今はPNG画像を小さくするフリーソフトを使っていますが、JPEGは圧縮方法の関係もあるので、なかなかに画質を落とさずにというのは、難しいんですよねー。

JPEG画像のファイルサイズにお悩みの方の、ご参考になりましたら、幸いです!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


「アフィリエイト広告を利用しています」

Count per Day

  • 70現在の記事:
  • 573515総閲覧数:
  • 156今日の閲覧数:
  • 419昨日の閲覧数:
  • 120今日の訪問者数:
  • 307昨日の訪問者数:
  • 361一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年10月13日カウント開始日:
TOP