RPGツクールMVでメッセージウィンドウの幅変更と位置変更ができるプラグイン

RPGツクールMVでメッセージウィンドウの幅変更と位置変更ができるプラグイン

メッセージウィンドウの幅と位置変更の方法は?

こんにちは。トレトレです。
今時間の合間に、フリーゲームを作っていますが
メッセージウィンドウの幅は、YEP_MessageCoreで
何とかなったのですが
これだと、中央にメッセージウィンドウが表示されてしまい

右に作ったピクチャーが隠れてしまう…
ということで、今回は位置変更をプラグインなしで
変更する方法なども合わせてご紹介します!




メッセージウィンドウの幅を変更するには?

メッセージウィンドウの幅を変更するには
ユーザーが無料でダウンロードできる
YEP_MessageCoreを使えば、簡単にできます。

変更方法は、以前の記事でもご紹介しましたが
YEP_MessageCoreのパラメータを変更するだけでOKです。

例えば、こんな風にすると…

ここで-240とすると、メッセージウィンドウの幅を狭めることができます。
広げる必要はないので、狭くするときにだけこちらを使います。

なぜ広げる必要がないかと言えば
画面にぴったりの幅に、自動で表示されるからです。

なので、狭める時にだけ、こちらのパラメータを使うと便利です。

メッセージウィンドウの位置を調整するには?

メッセージウィンドウの位置は、幅を狭めたとしても
デフォルトでは中央に表示されます。

こちらを変更すると、例えばこんな画面になります。

画面を見るとわかりますが…
メッセージウィンドウの幅が狭くなり
かつ左端に寄っているのがわかります。

これで、右にピクチャで表示した「怒りメーター」が隠れずに済みました。

では、こちらの位置変更をするにはどうするかというと…

プラグインを新たに入れなくても
rpg_windows.jsに追記すればOKです。

具体的には、まず、rpg_windows.jsをテキストエディタで開き
this._goldWindow.y = this.y > 0 ? 0 : Graphics.boxHeight – this._goldWindow.height;
と検索しましょう。

すると、4344行目あたりでヒットします。

この下に、以下の行を追記します。

これで、X軸が0=左端に寄せることができます。
ここの数字を増やせば、右にと移動が可能です。

ついでに、メッセージ枠の位置を上に動かしたい時には

こう追記すると、メッセージ枠が上に100移動します。
実際に移動した例も見てみましょう。

こんな感じです。

ちなみに、this._positionType === 2というのは
「文章の表示」コマンドで指定したウィンドウの位置が「下」の時
つまり、メッセージウィンドウの画面で下を選んだ時に
Y座標を-100しますよという意味になります。

ウィンドウが下の位置というのは
デフォルトのメッセージウィンドウのことで
通常メッセージをイベントで組む時には
上中下がありますよね?

これの下にあたるのが、this._positionType === 2というわけです。

ちなみに、ウィンドウ位置が上の場合は「this._positionType === 0」
ウィンドウ位置が中の場合は「this._positionType === 1」
という風に使い分けます。

ウィンドウの長さ=幅を調整するのもrpg_windows.jsで
できるみたいなんですが…
わかりづらいので、YEP_MessageCoreを利用した方が楽かなと思います。

メッセージウィンドウに合わせて選択肢の位置を変える!

さて、メッセージウィンドウの幅と位置を変更できたわけですが
このままだと、選択肢の位置がおかしいことになります。

例えば、こんな風にです。

中央に表示したかったんですが…
プラグインを変更しても、こちら同期してくれないんですね。

そんな時に便利なのが、選択肢の拡張プラグインです。

★木星ペンギン様(選択肢拡張)

こちらを利用して、選択肢の位置を調整(プラグインコマンドを使います)すれば
こんな感じに、選択肢の位置も変更が可能です。

ということで、これでフリゲのメッセージ枠はばっちり!
メッセージウィンドウの幅や位置変更などしたい場合は
プラグインなどを利用して、ゲームに合わせてみてください。

記事が参考になりましたら嬉しいです!^^